アカウントを作っただけでTwitterへの興味を失くしていたので、(勝手で失礼な話だが)
自分の中では、廃れてしまっているんじゃないかと思い込んでいた。

twitter_img02

Twitterは現在どれくらい利用されているのだろうか?

総務省のホームページから
最近約1年以内に利用した経験のあるSNSを尋ねたところ、
LINE(37.5%) 、Facebook(35.3%)、Twitter(31.0%)という数字になっていった。(平成27年)

LINEに関しては電話アプリでの利用も含まれているので、Twitterの利用率はかなり高い。

 

今どきのTwitterの使い方

Twitterを使っている若者たちは一人で複数のアカウントを持っている事が多いそうだ。

・メインアカ(アカウント):フォロワーを増やす目的で面白おかしくつぶやく
・裏アカ:ごく親しい友人間で本音をつぶやけるアカウント
・カモフラージュアカウント:微妙な距離感にある友人など、いわば儀礼的な捨てアカ

例を挙げると上記のようなものがあるらしい。

「なるほど…」

また、一つのアカウントを2人で利用している変わり種もある。
アカウントにはカギをかけ、2人だけの究極のSNSになるわけだ。

参考にさせてもらった記事には、さらにニッチな使用法や新たなSNSが登場する事だろうと締めてあった。

どのようしたら若い年代に反応してもらえるか、今の段階では全くもって分らない。

 

情報集めのツールとしてのTwitter

企業はどのようにTwitterを利用しているのか?

もちろん自社ブランドや製品の情報拡散に利用すること以外に、
強力な情報収集ツールとして捉えているところもあるようだ。

例えば、自社製品がTwitterでどのようにつぶやかれているか検索する。

Twitterのつぶやきはその特異性から、Facebookなどとは違い、本音が語られていることが多い。
そこからユーザーの生の声を拾い、製品の改良・サービスに利用したりするわけだ。

これも、なるほどだ。

今手掛けているリンデラ(クロモジ)製品のPRの為にも、もう少しTwitterの事を調べてみようと思う。

Comments