失敗のイメージ

昨年の3月ごろNTTの代理店を名乗るToppa!というプロバイダーから
「今フレッツ光に乗り換えると、回線工事費用は無料の上、
現在の使用料金よりお安くインターネットがご利用になれます。」

との電話があり、(今思えば)愚かにも電話でOKを出してしまった。

それから色々あり、今年の4月にToppa!(および親会社?のHi-Bit)を解約し、
それまで利用していたMEGAEGG(エネルギアコミュニケーション)に戻るまでの顛末です。

 

そもそも光コラボレーションって

光コラボレーションとは、NTT東日本・NTT西日本が提供している「フレッツ光」の提供を各事業者が受け、フレッツ光の速度・品質はそのままに各事業者が独自のキャンペーンや施策をプラスした新しいインターネットです。

というような説明が書いてあるが、
「フレッツ光」回線を別業者が独自の割引やセットサービスを付けて提供するというもの。

「SoftBank 光」とかは、ソフトバンクの携帯とセットにするとかなりの割引があり、
コラボの内容によっては「フレッツ光」単独契約よりメリットがある場合もあります。

フレッツ光を使っている人が光コラボレーションに乗り換える場合、
フレッツ光の設備をそのまま使いまわすため、(別会社に)「転用」という作業が生じます。

これはNTTから転用番号を聞き、光コラボの会社に伝えるだけの簡単なもの。。。
だが、これがかなりの曲者なのです。

 

光コラボへの流れ

うちの場合は、元々がMEGAEGGだったので、MEGAEGGを解約と同時に下記の手順で進みました。

  1. まずNTTのフレッツ光に契約→回線工事 フレッツ光(隼)開通
  2. Toppaの担当者が自宅に来てネットへの接続設定、プロバイダーをToppaに設定
  3. その後しばらくして、Toppa(Hi-bit)への「転用」:
    Toppaの担当者から言われるままにNTTに電話をかけ、転用番号を聞きToppaに伝える
  4. これにてフレッツ光コラボ「Toppa!もっとおトク割プラン」成約

MEGAEGGの時、月々6000円台だった利用料金が月々5000円台へ下がりました。
(※だが、これも最初の2年だけで、以降はMEGAEGGより高いという事が後になって分かった)

 

光回線とは思えないほど速度が遅くなる

Toppaにしてから数か月すると「ん?」と思う事が、、、
夕方5,6時頃から急にネットの速度が落ちているような、、、
(最初のうちは気が付かなかったんですが)

ごく普通のサイトを開く際、配置してある画像が順番に開くなど、明らかに回線速度が落ちてる。
試しに回線速度を測るネットのサービスで計測してみると、なんと下りは1~2Mb/sしか出てない!??
(昼間は160~180Mb/sぐらいは出ていた)

 

夕方以降になると、ストリーミングなどの動画再生がガクっときびしくなる

昨年11月にAmazonのPrime会員になり、見放題のプライムビデオをTVで楽しむために
FireTVを買ってつないでみたが、夜になるとしょっちゅう切れるわ、
たまに再生してもモザイクがかかったような状態で、
とても見られたものではない。(YouTubeの動画でさえ時々止まる)

何とか改善してほしくて、サポートに時間帯を変えて何度も電話を掛けるも、一回も繋がらず…

さすがに怪しいと思い、ネットでToppa、Hi-bitを検索してみると、
出るわ、出るわクレームの記事が山ほど。

ヤラレタかも

※少し長くなるので、「転用」に関してと、解約までの顛末は続きの記事で。

Comments